アメリカに見るアート支援システム“キックスターター”

映画製作のプロセスの中でも、資金集めは一番苦労する部分です。
アメリカの大学には、ファンドレイジングを教える学部もあるくらいで、
特殊な技術と才能を必要とする専門分野として確立しています。
お願いする時には、プッシュしすぎてもいけないし、
控えめすぎてもダメ。このさじ加減が実に難しい。
ファンド・レイジングは、まさにアートだなあといつも思います。

アートなファンド・レイジングと言えば、
ウエブを使った資金集めのサイト「キックスターター」が、
最近アメリカで大きく注目されています。
実は私たちも今、このサイトを使って続編の資金集めの
キャペーンをしています。アート、音楽、映画、ダンスなど、
クリエイティブなプロジェクトは、今まで、財団や企業、
一部の裕福な個人による高額の資金援助で実現してきました。
それが、キックスターターのようなサイトを通じて、一般の人が
小額の資金援助($1から可能)をできるようになりました。
「クラウド・ファンディング」と言って、こうしたウエブを通じた
資金集めのやり方が、ここ2年ほどで急速に広まっています。
少数のパトロンに頼るのではなく、大勢の一般サポーター
による「民主的なアート支援」が実現しているわけです。

キックスターターがユニークなのは、クリエイティブな
プロジェクトに限っていること、寄付のお返しとして、
サポーターへのプレゼントを用意しなくてはならないこと。
そして、目標金額と締切り日を定めて、期日内に目標に
達しない場合は、集まったお金が全てサポーターに戻される
という、ALL OR NOTHINGのルール。
例えば、私たちの目標金額は5万5千ドルなんですが、
締切りの11月5日深夜になって、1ドルでも足りないと、
お金は全てサポーターに戻されてしまいます。

最初は「そんなバカな」と思ったのですが、キックスターターが
成功したのも、実はこのゲーム性があるからだと思います。
人間は、明確なゴールと締め切りがあると、俄然頑張るんですね。
成功するプロジェクトは、大抵締め切り前の1週間に、
どっと最後の寄付が集まって,目標に到達するそうです。

キックスターターは、会社が設立されてまだわずか2年半ですが、
1万件以上のプロジェクトをサポートし、合計7500万ドル(約58億円)
相当の資金集めに成功しています。

私たちは、今年の夏一杯かけて、このキャンペーンの準備をしました。
他の成功した映画のプロジェクトを調べて、キックスターターのしくみを研究し、
アーティストにお願いしたり、Tシャツのデザインなどの特典を用意するのに
随分手間取りました。準備万端整えて、9月6日に60日の期日でスタート。
ほぼ半分の1ヶ月がすぎた今、目標金額の47%、2万6千ドル到達。
まだ半分に達していないので、少々焦りがでてきてます。

スタッフ3人で、毎週一度一斉メールを送り、フェイスブック、ツイッターなど
ソシアル・メディアでのよびかけ、ブログ更新、サポーターへのメッセージ、
各方面に電話やメールでのフォロー、マスコミ対応、ミーティングなどを
ほぼフルタイムで進めているのですが、それでも追い付きません。

フェイスブックにも書きましたが、10日ほど前の深夜、知らない人から
突然1万ドルの寄付が舞い込みました。さすがアメリカは懐が深い!と
感動したのもつかの間、結局その寄付は「ひやかし」だったことがわかり、
次の日あっけなくキャンセル。

他にも「サポートではなくて、この映画に投資したい」
「私は、賞をほとんど総なめにした経験ある映画プロデユーサー。
編集のアドバイスはいかが?」などのオファーがあったり(大体はあやしい)
「トレーラーに出ている赤いネクタイの男性がとてもステキ。連絡先教えて!」
なんていうメッセージもきます。

ある日は、どどーっとサポーターが増えたかと思うと、次の日はゼロ。
またある時は、見知らぬ人から$1000ドルの寄付を頂いたり(こちらは本物)、
何かある度に一喜一憂。心身ともに疲れます。

残りあと23日。11月5日までに3万ドル近い金額を集めなくてはなりません。
ローラーコースターに乗ってるような毎日が、あと3週間近くも続くと思うと、
とほほ、です。

明日は、イタリアのナポリで開かれるアート関係の映画祭、
ARTECINEMAに向けて出発。
しばらくは、キックスターターの事を忘れて骨休めしてきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *