サラダ中毒にかかってしまった

オフィスの近くに去年できたサラダ・バー Sweet Green のサラダがたまらなく美味しい。私は同じ店に連日通うことなんてほとんどないのだけど、今週は、連休明けの火曜日から、4日連続して食べてしまった。週末になると、早く月曜になってここのサラダが食べたい!と思うくらいだから、かなりの中毒症状だ。

ランチ時はいつも長蛇の列

昼時には、いつも長蛇の列ができるこの店は、ワシントンDCで始まった東海岸のチェ―ン店。新鮮な地元の有機野菜を使って、シンプルだけど考え抜かれたサラダのメニューが揃っている。自分で好きな素材を自由自在に合わせることもできれば、オリジナルのメニューもある。嬉しいのは、ベースになるグリーンの種類が豊富で、ホウレン草、メスクラン、ルッコラ、ケールなどから選んだりミックスできること。

例えば、今日食べたSantoriniは、ロメイン・レタスに、レモン味の海老、フェタチーズ、グレープとひよこ豆、それにヨーグルト+きゅうり+バジリコのドレッシングをかけて、最後は、レモン半分をじゅーっと絞ってできあがり。(445 cal)

私のお気に入りは、Spicy Sabzi(ネーミングもすてき)。ホウレン草、スパイシーなキノア、スパイシーなブロッコリ、にんじん、生赤カブ、芽野菜、ロースト豆腐に、ドレッシングはニンジン+チリ+ビネガー、最後の仕上げに辛いシラチャ・ソースをひとひねり。(408 cal)

ベルトコンベア式に、グリーン、野菜の素材、タンパク質素材をてきぱきとボールに入れて、ドレッシングをかけ、混ぜ、容器に詰め込み、最後にレジで支払う。そのプロセスが実に効率よく組織立てられているから、長蛇の列ができていても、せいぜい待つのは10分程度。

私も以前はサラダを食べる習慣はなかったのだけれど、撮影でアメリカ人のカメラクルーと仕事するようになってから、開眼。

彼らの多くは、撮影中のランチにはサラダしか食べないのだ。最初は、何かに遠慮してるのか、ダイエット中なのかと思った。実は、ちゃんとした理由があって、炭水化物を食べると眠くなって午後に集中力が落ちるから、炭水化物は取らず野菜しか食べないのだという。

それを聞いた時は、さすがプロ、と感心。以来、私も仕事中の食事はなるべく炭水化物を避けて、野菜中心で少しだけタンパク質を取るようになった。サラダをお腹一杯食べても、午後も朝と同じ集中力がキープできる。そして、夕方6時頃になると、丁度いい感じでお腹がすいてくる。

日本ではありとあらゆる食べ物が美味しいというのに、サラダはないがしろにされてる気がする。「生野菜は身体を冷やすから」という漢方の考えからなのだろうか。もっとサラダの美味しさが理解されて、いつかSweet Green のようなサラダ・バーができることを切に願います。

Sweet Green, HP http://sweetgreen.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *