映画の完成目前

映画の完成が目前まできた。
毎日、サウンド・スタジオとポスト・プロダクションのスタジオを往復しながら、
音の編集&ミックス、色の調整、グラフィックスの完成、が全て同時進行中。

編集のバーナディン、サウンド・エディターのバーバラ、
ミキサーのピーター、DPのエリック、カラリストのアレックス、
グラフィック・デザイナーのアミット…。

皆、細かいところに徹底的にこだわる完璧主義者たち。
目と耳が抜群にいいので、小さなミスも彼らのふるいに必ずひっかかってくる。
少しでもクオリティの高い完成度に仕上げようと、皆必死だ。
バーナディンは、11月の感謝祭以来、土日も全く休みなし。
クリスマス・ショッピングをする時間もなく、年末のパーティも全部パスして…。
本当に申訳ない!

新作の50X50は、いくつか違う機種のSONYのHDカメラで撮影した。
コンピューターの画面で見る分には全くわからなかったのに、
ポストプロダクションにある試写室の大画面で見ると、めちゃくちゃだ。

少しでも統一感を与えるため、全体にfilm grain と言って、
うっすらとフイルムの粒子のようなイフェクトをかける。
すると、ビデオ特有のシャープすぎるエッジや色味が柔らかくなり、
フィルムで撮影したような映像になる。

SONYのカメラの特徴らしく、映像が全体に黄緑がかって見える。
これを取り除き、人の顔にほんのり赤味を入れて顔色を良くしたり、
逆に赤ら顔の人は、赤味を押さえる。
空の色も、ハワイ、マイアミ、ケンタッキー、モンタナで区別する。

また“ヴィニエット”という効果を、画面の中で強調したい部分にかけると、
わずかに暗くなった周囲からその部分がうっすらと浮き上がってきて、
目が自然とそこへ向かう。ビデオで撮影したフラットな映像も、
こういう効果を加えていくうちに、くっきりと立体感を持ってくる。
というのが、カラーコレクションで行う作業。
極端に言うと、撮影時に露出を間違ったり、照明がまずくても、
この段階で十分修正できる。

前作の映画でカメラマンの一人だったエリックは、
今回DP(Director of Photographyの略―撮影監督)に昇格。
まだ30歳という若さだけれど、すごく映像的なセンスがいい。
彼は、どちらかと言うとコマーシャルや劇映画のカメラマンなので、
最初の頃は、仕事をする度に現場で衝突していた。

劇映画でどんなにすぐれた映像を撮れるカメラマンも、
ドキュメンタリーの現場になると、全く力を発揮できないことが多い。
使う筋肉も脳みそも全然違うからだ。

ドキュメンタリーのカメラマンは、目よりも良い耳を持っていないと
ダメだと言われる。つまり片目でファンダーをのぞきこみながら、
もう片方の目は、常に周囲に向けられ、そして耳から入ってくる情報にも
最大限に注意を払わなくてはならない。撮影している場面の外で
面白いことが起きていたら、即座にそこへカメラを向けるためだ。

シンプルな例を上げると、舞台上のイベントを撮影している途中で、
観客席から大爆笑や大喝采が起きたら、そちらに自然とカメラを向ける。
ドキュメンタリーのカメラマンには、そういうセンスと筋肉が必要。
簡単そうに聞こえるけれど、これができないカメラマンが結構多い。

エリックに話を元に戻すと、彼に今回、カラーコレクションに
つきあってもらった。「僕は、カラリスト泣かせだよ」と最初に予告された通り、
彼の注文の細かさは尋常ではない。ほんのわずかな色味の違いを見分け、
それをどう調整することで、画像がきれいになるかを即座に判断できる。
私は、DPというのは現場で撮影するのが主な仕事だと信じていたけれど、
実は編集室でカラーコレクションする時に、彼らの本領が発揮される
ことがわかった(ドキュメンタリー映画では、DP-撮影監督―ではなく、
ほとんどが単なる「カメラマン」)。

ただし、エリックはあまりに完璧主義者なので、
彼の言う通りに全ての細かい調整をしていたら膨大な費用がかかってしまう
(カラーコレクションには、1時間につき$350のコストがかかる!)
時々「そこまで細かく修正しなくてもいいよ」と牽制しなくてはならない。

前回のメルマガで、先月亡くなったアーティスト、ウイル・バーネットの
言葉を紹介した。「見る目」とは、持って生まれた才能なので、
お金持ちとか、貧乏とか、教養のあるなしは、一切関係ない、と。

エリックは、高校を卒業してすぐに映画の撮影現場で
ガファー(照明技師)として働き始めた。映画学校へ行ってカメラマンの
勉強をしたわけでもない。でも、ハーブと同じように、
生まれつき特別な「見る目」を持っているので、
現場でぐんぐん力をつけて行ったのだと思う。

私には「見る目」なんて全く備わってないけれど、
エリックとカラリストのアレックスと一緒に、
連日スタジオでじーっと画像を見つめていると、
これまで見えなかったもの(例えば前に書いたフィルム粒子など)が
くっきり見えるようになってくるから不思議だ。
「見る目」も、筋肉と同じように鍛えられていくのだ(当たり前のことだけど)。

音の編集やミックスを通じて学んだ「聴く耳」についても書きたいけれど、
今日は、紙面も元気も尽きてしまったので、いつかまたの機会に。

あと2日で英語版の「50X50」が完成!来週、そのテープを持って日本に帰り、
日本語版の字幕入れ作業がスタートする。
来年春の日本公開は、一歩一歩実現に向かって進んでいる。

今は、極度の睡眠不足で頭がぼーっとしながらも、嬉しさと寂しさと、
ほんの少しの恐ろしさが入り交じって、とても複雑な気分です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *