圧倒的に心を動かされるドキュメンタリー SEARCHING FOR SUGAR MAN

最近、何人かの人にSEARCHING FOR SUGAR MAN(以下「シュガーマン」)見た?」と立て続けに聞かれて、気になっていた。この週末、映画を見てから、私も、会う人会う人に『シュガ―マン』見た?と言わずにはいられない。みる前も、みている最中も、みた後も、じーんと心が熱くなる。今年見た映画の中でも最高の1本だった。

『シュガーマン』 は、1970年代初めに、2枚だけアルバムを出して、姿を消してしまったロドリゲスというシンガー・ソング・ライターの行方を追う話。当時、彼のアルバムを制作したプロデユーサーや、レコード会社の人は、皆口を揃えて言う。今までに、手がけた中で、最も印象に残っているアルバムだと。そして、ロドリゲスは、最高のミュージシャン、ひょっとすると、ボブ・ディランよりすぐれていた、と。でも、なぜかアルバムは全く売れずに、レコード会社は2枚目のアルバム発売直後に契約を打ち切り、ロドリゲスは、音楽界からあっけなく姿を消す。その後、ステージでガソリンをかけて焼身自殺したとか、ピストルで頭をぶち抜いて死んだとか、色んなウワサが流れるが、信実は闇の中。

ところが、ロドリゲスは、人知れず地球の裏側の南アフリカで圧倒的な人気を得ていた。あるアメリカ人がこっそりアルバムを持ち込んだのがきっかけで、レコードからテープにダビングされてどんどん広まって行ったらしい。当時アパルトヘイト真っ盛りの南アで、労働者の悲痛を歌ったロドリゲスの音楽(ボブ・ディランの音楽に政治色を強くした感じ)を若者たちが聞いて、反体制の声を上げていたのだった。このアルバムは南ア政府の検閲にひっかかるが、アルバムは、50万枚もの売上げで空前の大ヒット。その人気は、ビートルズや、エルビス・プレスリーをしのぐほどだったと言うから、スゴい。

ロドリゲスはその後一体どうしているのだろう?本当に死んでしまったのだろうか?疑問に思ったある南アの音楽ジャーナリストが、彼の歌詞から世界各地の街の名前を拾って、ヒントを探り、ネットを使い、ミルクの箱に人探しの広告を載せたりして、ついに彼を探し当てる。

 続いてネタばれになってしまうのを承知で書いてしまいますが、結局彼は、デトロイト郊外のディアボーンという街に住んで、ずうっと肉体労働をしながら、ひっそりと暮らしていた。暖房もなくて、新聞紙をストーブに入れて暖を取るほどの貧しさ。どうも、南アでの50万枚ものレコードの売上げのロイヤルティも、彼には一切支払われてない様子。というか、彼がそれほど南アで人気があるなんて事も、本人の耳に一切入ってなかった。

音楽界から姿を消した後、お金も名声も求めることなく、自分と同じ、貧しい労働者階級の人の声になろうと、デトロイトの市議会議員に立候補したりもするが、あえなく落選。でも、文句一つ言わず、誰もやりたがらないような、汚くてキツい仕事を率先してやり、ギターを弾き、歌を歌い続ける。彼の孤高な姿は、都会の片隅に棲む清貧な詩人であり、そして聖人のようでもある。

クライマックスは、彼を探し当てたジャーナリストと、地元の熱狂的なファンであるレコード屋の親父さんで計画して、ロドリゲスを南アフリカへ呼びよせることになり・・・

スエーデン人の監督のマリック・ベンジャルールは、スエーデンTVに放送するための、7分程度のショート・ストーリーを南アで探していて、ロドリゲスのことを知ったという。それが、あまりにスゴい話なので、のめり込んでしまって、4年間映画製作にかかりっきり。最後は、資金もなくなって行き詰まったが(ん?どっかで聞いたことある話?!)最後は、あるプロデユーサーとの出会いで資金も集まり、完成にこぎ着けたとのこと。編集、イラスト、作曲も手がけているというすばらしい才能。何と、映画の中のいくつかのシーンは、iPhoneにスーパー8のアプリをダウンロードして撮ったという。

『シュガーマン』は、今年サンダンス映画祭のオープニング映画に選ばれ、審査員特別賞を受賞。アカデミー賞の有力候補とも言われている。そして何より嬉しいのは、この映画のおかげで、ロドリゲスの才能が認められたこと。彼のサイトを見ると、全米ツアーのスケジュールでびっしり。来月からはヨーロッパへも遠征する予定。(彼の熱狂的なファンになった友人がチェックしたとことろ、彼のコンサートは、ほとんどソールド・アウトらしい!)彼のアルバムもチャート急上昇中だ。プロモーターもレコード会社も、今度は彼にちゃんとロイヤルティを払って下さいね!!と声を大にして訴えたい。

ロドリゲスという才能を再発見して、見事に彼の物語を伝えてくれたベンジャルール監督に拍手喝采!

3 thoughts on “圧倒的に心を動かされるドキュメンタリー SEARCHING FOR SUGAR MAN

  1. 数時間前に成田からサンフランシスコへの機内映画で見て、もの凄く驚きました。素晴らしいですよね。2回も見てしまい、今週末にサンフランシスコの映画館でも見ようと思っています。来春の正式公開が楽しみで、本人の来日も期待しています。

  2. 数日前にテレビで彼の番組を見て初めて知りました。彼の壮絶な人生に興味を持ってiTunes でチェックすると有りました。聴いてびっくりボブディランよりいいですね。1970年頃の作品とは、思えないくらい新鮮です。思わずダウンロードしちゃいました。また映画もブルーレイであったのでCDと一緒に注文中です。アメリカには、まだまだ埋れていますね。すばらしい!!
    彼のことを教えていただきありがとうござい、ました。アメリカンミュージックの大ファンよりいいですね。(by senjyman)

  3. Tja Henrik, det blir spännande och se vad som händer – även om mÃ¥nga lÃnfrord¤Ã¶sanden verkar tycka om Janne och de finns nÃ¥gon som anser att han är en bra socialliberal kille – sÃ¥ tror jag att mÃ¥nga i landet inte tycker sÃ¥…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *