カナダでまさかの人種差別?!トロント空港の移民局で

先日、ドロシーと一緒にカナダのトロントへ行ってきた。小さいけれど、
良質のアート系ドキュメンタリー映画を見せるステキな映画祭
「Reel Art Film Festival」のオープニングに招待されてのこと。

そこで新作「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」のハイライト
(およそ40分)を上映。ワールド・プレミア前で全編上映できないので、
抜粋シーンだけしか見せられないにも関わらず、
映画祭のオープニング映画として紹介された。

ドロシーにとって、飛行機で旅行するのは4年ぶり。
しかも、ハーブが亡くなってから、1人での海外旅行は初めてだった。
なので、2泊3日の旅、NYから飛行機でわずか1時間半の距離なのに、
すごく緊張していた。

NYとトロントの空港で車椅子を手配する。
空港内の長距離を歩くには、高齢のドロシーにはキツすぎる。
車椅子にだと、特別扱いで、セキュリティも移民局も列に並ばず、
優先的に手続きを済ませてくれるので便利。
ところが、トロントに到着して、カナダの入管手続きで
ちょっとしたトラブルがあった。

まずドロシーが先にパスポートを出す。少しやりとりした後、
私が前へ進んでパスポートを出したら、若いカナダ移民局の男性職員が、
じろじろと私とドロシーの顔を見比べて「あなたとこの人の関係は?どうやって2人は知り合ったのですか」と聞かれ、一瞬戸惑った。

2人の関係?
どうやって説明すればいいのだろう。

でも、ウソをついて後でややこしいことになると困るので、正直に答える。「私はドキュメンタリー映画監督で、彼女は私の映画の主人公なのです。
映画の撮影で10年ほど前に知り合いました。」

すると、その移民局の担当者の目が点になり
「君ね、態度悪いんだよ。後ろに下がって!」と怒られる。
「はっ?」一体何が起きているのかわからない。
「態度が悪いって、どういう・・・」と反論も許されない。
「いいから後ろに下がって!」

私がアジア人で、ドロシーが車椅子に乗っている白人の高齢者なので、
きっと私は介護人か何かだと思ったのだろう。

映画監督?ドロシーが主人公??
それは、きっとその移民局の男性の想像の枠を
あまりに越えていたのかも知れない。

何を言っても埒が開かず、「君たちは移民局行き」と言われ、
通関のカードに何やら一杯書き込みをされて、
私とドロシーはとぼとぼと移民局に「送還」された。

移民局のオフィスに着くなり、金髪の女性職員がでてきて、
今度は私の顔を見るなり開口一番に
「あなたの態度が悪いからここへ送られてきたの、わかる?」

やれやれ。一体どうしてこういうことになるのか、全く理解に苦しむ。
でも、ここで反論すると、何時間も拘束&尋問されることになる。
今まで訪れた世界各地の移民局での経験からすると、
悔しいけど、ここは黙っていた方がよさそうだ。

「カナダへ入国できるのは、privilege(特権)なのです。
我々は、あなた達を本国に返すこともできるし、
カナダに入れてあげることもできる。」

いや、別に私が自分で来たくて来たわけではなくて……。
という説明もさせてくれない。

「私たちは、映画祭に招待されてきたのよ。彼女が私の映画を作ったの」
と可愛い声で訴えるドロシーの声も、耳に入らない様子。

「この人と知り合ってどのくらいですか?」
ドロシー曰く「もうかれこれ10年。とても良い人なのよ」
こういう時のために、顔写真入の映画祭のプログラムを
持ってくるべきだった、と後悔した。

私は、もうNYに帰るゾ、という気分になっていたのだけれど、
結局、パスポートにスタンプが押され、入国を認められた。

一緒にいた空港職員は、
「私は何も言える立場にないから口を挟まなかったけど、
いや本当に悪いことしたね。
これでカナダの滞在が台無しにならないことを祈りますよ。」と
優しい言葉をかけてくれた。それで少しは気分が晴れたけど、
今思い出しても、あからさまな「悪意」のKOパンチを
真正面からぶつけられた気がして、かなりへこんだ。

恐らく「人種差別」とは、こういう事なのだろう。
私はNYに長年住んで、ここまであからさまな差別にあったことが
なかったので、面食らった。
カナダは、アメリカと違って移民政策に寛大だし、
アメリカよりずっとフレンドリーな国だと思っていたのに、
カナダに対する印象がすっかり悪くなってしまった。

出だしはまずかったけれど、映画祭の方は
オープニング・パーティと上映会に300人近い人が来てくれて大盛況。
ハイライト上映にも関わらず、大好評をいただいた。

ドロシーと一緒に、地元のメディアに沢山取材されて、
空いてる時間に、パワープラント(という美術館)、
オンタリオ美術館を見に行き、美味しい食事を行く先々で振る舞われる。
大満足の3日間だった。

 

 

 

 

 

 

来週火曜日は、いよいよNYのホイットニー美術館にてワールド・プレミア。 今日は、新宿ピカデリーにて、3月26日の

ジャパン・プレミアの打合せをしてきた。

580人収容の巨大シアターでの上映会。
私のアパートのリビングくらいある大きさのスクリーン!
ここにハーブ&ドロシーの姿がどんな風に映し出されるのか。
今から楽しみだ。

3月30日の劇場公開へ向けて、準備は着々と進んでいる。