何を食べるか、ではなくて何を食べないか

NYに住んでいて嬉しいのは、ファーマーズ・マーケットで、季節の新鮮な野菜や果物を買えるること。マーケットには、手作りのジャムやピクルス、チーズ、そして漁師さんが持ってくるお魚や、できたてのパンまである。

私はものすごい食いしん坊で、NYでおいしいレストランがあると聞けば、いつも真っ先に飛んで行ったし、料理が好きなので、よく人を呼んでディナー・パーティをした。朝起きて、「今日は何食べようかなー」と考えるのが至福のひとときだった。

でも、この5年くらいかな、食べることに前ほどの情熱を感じなくなってしまった。こった料理ではなくて、新鮮な食材に、さっと手を加えて食べるのが、一番おいしいと思うようになった。それは年のせい、と言うのもあるけれど、アメリカに長年住んでいると、食は「栄養」ではなくて「毒」になることが多くて、自然と「何を食べようか」じゃなくて「何を食べないか」を考えるクセがついてしまったからかも知れない。

今年の初め、医者のアドバイスの元で、28日間、究極のデトックスダイエットにトライした。この間、禁止されてた食材は、赤身の肉(鶏肉やターキーはOK), 乳製品、グルテンが入ったもの(小麦粉でできたもの、パン、麺類、は全てNG)、大豆、砂糖、アルコール、カフェイン(紅茶も緑茶もNG)。食べられるのは、野菜と果物、魚、お米だけ。

いや、実につらかったです。何よりもキツいのは、大豆製品が食べられなかったこと。豆腐、ミソ、醤油もダメ、というのは日本人には厳しい。この間、人と食事に行っても、何も食べられなかった。サラダを注文しても、ドレッシングに砂糖や乳製品が入ってるとNG。 イースト・ビレッジにある人気のレストラン、Dirt Candy (http://www.dirtcandynyc.com/)の食事は、完璧なベジタリアンなので、大丈夫かと思ったら、結局ここでも私が食べられるものは何一つなくて、シェフが特別な料理を作ってくれた。

でも、1週間を過ぎたころからか、ぐっすり眠れるようになり、身体がすごく軽くなって、スタッフからも「メグミさん、お肌が‘つやつや!」とか言われて励まされ、28日間の苦行を終えた。最後の方は、このまま行けば200歳まで生きられるんじゃないか、という位体調が良くなった。普段、よっぽど悪いものを口に入れてるんだな、とわかって驚いた。

このデトックスの目的は、自分に合わない食材を探すことでもある。28日のデトックス期間終了後、一品目ずつ食事に加えて行き、食べた後に脈を計ったり、お腹の調子や、気分をモニータする。それでわかったのが、私には「グルテン」が身体に合わない、ということ。

普段食べて何ともなかったので気がつかなかったのだけれど、デトックス後に、パスタを食べたら、お腹が膨張して転げ回るほどの激痛が走った。アレルギーではないけれど、実はグルテンは私の身体に合わないらしい。それ以来、なるべくパンや麺類は避けるようにしている。日本ではあまり聞かないけれど、アメリカには、「グルテン・アレルギー」の人がものすごく多くて、最近はスーパーで「グルテン・フリー」のパンやパスタが売っているほど。 小麦粉、乳製品、砂糖を使わないデザートの専門店Baby Cakesなんてのもある。 デトックス中は、ここのスイーツに随分救われた。

食という生きるために一番ベーシックな行為をコントロールできた時、身体だけでなく心も変わって行った。一番の大きな発見は、好きな物を好きなだけ食べたり飲んだりするのは、自由な行為に見えて、実は食欲の奴隷になってる、ということ。自分は甘い物や、麺類、お酒、コーヒー等の大好物が、なくては生きられないと信じている。その縛りから解放されて、何だって、なくてもやって行けるものだ、とわかった時、自分はすごく自由になれたと思った 。それは、美味しいものを食べた後の刹那的な幸福感より、ずっと満たされたものだった。

と、えらそうに言ってますけど、勿論今でも美味しいものは食べたいと思う。 最後、ハーブが亡くなる前、1ヶ月以上、食欲が全くなくなって何も食べられないのを見て、好きなものを食べられるうちは、本当に幸せだなあと思った。まあ、身体の声を聞いて、ほどほどの量を、バランス良く食べているのが一番ですね。

水問題を扱ったちょっとコワいドキュメンタリー Last Call At The Oasis

2週間半の日本滞在を終えて、先週NYに戻りました。日本では、連日のミーティングでしたが、最終日に中目黒で見事満開の桜を見ることができて、シアワセな気分でNYへの帰路につきました。桜が「お疲れさま~」 と、慰労してくれてるようでした。

帰った直後のNYは東京よりもずっと寒かったのに、昨日と今日、気温が突然30度近くまであがって突然の真夏日。昨日は、時差ボケと暑さでぼーっとする頭を抱えて、フォード財団が主催するENVISION 2012 というイベントに参加しました。

そこで見たドキュメンタリー ”Last Call at the Oasis “は、時差ボケの私にも目が離せないほどスリリングな映画でした。
http://www.lastcallattheoasis.com/
テーマは、水の危機。水問題を扱ったドキュメンタリーは多くありますが、多くは途上国での水不足や水質汚染がテーマ。この映画は、意外にもアメリカが主な舞台になっています。

アメリカでは、生活していて水に問題があるなんて殆ど意識しません。だからこそものすごい勢いで水を消費するアメリカ人に、この映画を見て欲しかった、と監督は言います。地球上にこんなに水が溢れているのに、どうして水が不足するのか?と思うかも知れませんが、人間の生活に使える水は、地球に存在する水のわずか2% だそうです。海水を利用できないのか?と思いますが、海水を淡水に変えるには、多大なコストと燃料がかかります。砂漠の真ん中にあるラスべガスでは、あと数年で水が完全に枯渇するそうです。人口が増えて、水の消費量が増えて、使える水がものすごい勢いで減っているという現実。情報として何となくわかっていても映像で見せられた時のインパクトは大きかったです。

さらに、水の汚染も深刻です。工場廃棄物や化学物質による汚染、畜産動物の排泄物の汚染もさることながら、私たちが体内に取り入れている大量の薬物—抗生物質やホルモン剤などが自然界に大量に流れ込んでいて、こういう薬物は、浄化できないそうです。それを考えると、気軽に頭痛薬や風邪薬をのむのもためらいますよね。

映画を見終わった時は、無性にノドが乾くと同時に思わずトイレに行きたくなりました(笑)

ENVISION 2012 は、フォード財団と国連が協力して進めているドキュメンタリー映画のプロジェクトで、グローバルな問題を、映像を通じて啓蒙していこうという試みです。一企業が、ここまでドキュメンタリー映画にコミットして、国連も巻き込んで支援してくれるシステムは羨ましいですね。日本でも、ドキュメンタリー映画への理解がもっと広まって、企業も参加してこういう啓蒙活動にどんどん使われればいいなあと思います。

明日は、エディターのバーナディン•コリッシュと終日,続編の映画についての打ち合わせがあります。バーナディンは、NYから車で3時間ほど北へ行ったウッドストック(そうです、あの歴史的なウッドストックのコンサートがあった町です)に住んでいるので、彼女とのやりとりは、普段はスカイプか電話。実際に会ってミーティングするのは、今回で2度目です。最近、アメリカの映画監督と編集者は、このように遠距離で仕事をするケースが増えているようです。私にとっても初めての試みなので、どんなプロセスになるか楽しみ、と同時に少々不安。映画は、追加撮影もほぼ終えて、これから 本格的な編集作業に入ります。撮影したフッテージを全てリアルタイムで試写し終わり、明日映画の構成、ビジョンなどをブレインストーミングして決めていきます。

これからの3~4ヶ月で、いよいよ映画が形になって現れてきます。今後の進展は、また追ってご報告します。

結婚50周年を迎えたハーブ&ドロシー! 二人の”新年の誓い”は!?

明けましておめでとうございます。

2012年も引続きよろしくお願い致します。
アメリカでは、New Year’s Resolution—「新年の誓い」と言って、
新年に達成したいことをリストにします。つまり決意表明です。
日本で言う「新年の抱負」よりはもっと具体的で、自分に対して結んだ固い約束事。
健康やお金のことが多いようですが、毎年アメリカ人の「誓い」のトップは
「減量」です。
アメリカの成人の3分の2が「太り過ぎ」、
さらに3分の1が「肥満」という統計からすると、それもうなずけますね。
毎年、お正月明けに、スポーツジムやヨガ教室に行くと
超満員なのも「誓い」の効果でしょう。
でも1月末には、大体通常通りに戻ってますけどね(笑)

私も毎年新年の誓いをたてて紙に書き留めます。
そうすると、不思議と頭に残って頑張れるから不思議です。
今年の私の誓いは、何としても『ハーブ&ドロシー50X50』を完成すること。
必ず実現するよう頑張ります!

今年皆さんは、何を実現したいですか?
是非、皆さんも「新年の誓い」を立ててみて下さい。
そして、それを家族やお友達に伝えておくことが大切です。
周りの人と共有すると後には引けなくなって、実現に大きく近づきます。

先週1月14日(土)は、ハーブ&

ドロシーの結婚50周年記念日。ハーブの妹さん一家が集まって
近くのアルザス料理のレストランでお祝いをしました。
お二人に半世紀も続いたパートナーシップの秘訣は?と聞いたところ
「同じ趣味を持つこと、でも銀行口座は別々に」という答えでした。

ドロシーは、50周年記念に「アップルTV」を買いました。
パソコンとTVを繋いでネットダウンロードで、映画を見ると張り切っています。

ドロシーがMacBookを買ってから丸4年。
今では、 朝起きてまずパソコンを開き、
メールをチェックするのが日課になりました。(このシーンは、続編に入ってます!)
年々ドロシーは、テック周り強くなってきているので、感心します。
76歳にして、新しいテクノロジーを生活に取り入れるって大変なことですよね。

そうそう、ハーブ&ドロシーの「新年の誓い」は何だと思いますか?
気になりますよね。毎年聞きますが、いつも答えは同じです。
「毎日健康で平和に過ごせること」。以外は何もいらないそうです。

今年もお二人が健康でいい年を過ごせますように。
そして完成した「ハーブ&ドロシー50x50」を見て
もらえますように。心から祈るばかりです。

サンタだらけのNYクリスマス・・・☆ ハーブ&ドロシーもプレゼント準備で大忙し!?

NYに帰った翌々日、町中にサンタが溢れているのにびっくりしました。何でもサンタコンというイベントで、世界中で開かれているそうです。目的は単純明快「サンタの格好をして街に繰り出し、楽しむこと」。シンプルなアイディアですけど、何千人もタイムズスクエアに集まると、圧巻ですね。
http://photo.news.livedoor.com/detail/32486

今NYは、「ホリデー・シーズン」のまっただ中です。NYには、様々な宗教の人がいるので、クリスマスだけではなく、ユダヤ教の 「ハヌカ」やアフリカの「クワンザ」など、他の宗教や民族の祭日も含めて12月を「ホリデー・シーズン」と呼んでいます。

普段は殺風景な通りにもイルミネーションがともされ、お店や家の外も飾りつけされてNYが一番きれいに輝く時です。そして今は、アメリカ人の財布の紐が思い切り緩む時でもあります。家族、友達、同僚、クライアントに、と皆プレゼントを買いまくるのです。アメリカの小売り業界の年間売り上げの半分〜3分の2が 、この1ヶ月のホリデーシーズンに集中してると言えば、その凄まじさは、ご想像いただけるかと思います。

私も、アメリカ人の友人宅に招かれて何度かクリスマスを過ごしたことがあるのですが、とにかく家族間の大量のプレゼント交換にはいつも圧倒されます。小さなキャンドルやキーホルダーといった小物から、ダイヤのネックレス、皮のコートなどの大きなギフト、そしてその中間のどうでもいいような「ペディキュアセット」とか「スウェットの上下」といった品々を合わせると、一人2〜3ダースは、プレゼントをもらいます。

結局プレゼントの多くは後日返品したり、クローゼットの奥にしまい込まれたまま。だったら、価値あるものだけを1つか2つだけプレゼントすればいいのに、と思うのですが、そうするとアメリカの経済が停滞してしまうんでしょうね。

ちなみに、ハーブ&ドロシーは、私がいつもお金に困っているのを知っていて、$50の小切手を切ってくれます(トホホ)。
ありがた過ぎて使えないので、全部とってあります。いつか、額に入れて飾りたいくらいです。

プレゼントと言えば、日本からNYに帰って私を待ち受けていたのは、大きな段ボール箱4つに詰まったTシャツ、そして日本から届いた大量のスケッチブック、チャーリー・クロフのプリント作品などなど。キックスターターを通じて続編を資金援助して下さったサポーターの皆さんへのプレゼントです。

帰国翌日から、スタッフ、インターン、多い時で7人が総出で、 袋詰め、ラベル貼り、郵送に明け暮れる毎日。ドロシーとハーブ も、$500レベルの特典として、50X50のカタログに、一人一人の名前を書いて、サインしてくれました。Tシャツやスケッチブックを袋に詰めながら、そして世界中から支援して下さったサポーターの皆さんの名前や住所を確認しながら、「愛だね〜」と、スタッフと一同しんみりした気分になりました。

最後に。皆さんは、子供に「サンタクロースはいるの?」と聞かれたら何と答えますか?1897年、NYに住む8歳の女の子、バージニア・オハンロンが地元紙NYサン宛に、手紙を書いて聞きました。「私の友達は、みんなサンタなんていないって言うんだけど、本当はどうなんですか」と。同紙が社説として掲載した答えは、100年以上経った今でも、世界中で読み継がれ、アメリカの新聞紙上最も有名な社説となりました。毎年この時期になると、多くのメディアで紹介されるのですが、何度読んでもすばらしい答えで「サンタって本当にいるよね〜」としてしまいます。

今日は、このヴァージニア宛に書かれた答えの一部をご紹介して終わります。皆さん、どうぞステキなクリスマスを!
サンタが沢山のステキなプレゼントを届けてくれますように!

「ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ・・・この広い宇宙では、人間って小さな小さなものなんだ。ぼくたちには、この世界のほんの少しのことしかわからないし、本当のことをぜんぶわかろうとするには、まだまだなんだ。実はね、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだ。愛とか思いやりとかいたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといる。もしサンタクロースがいなかったら、ものすごくさみしい世の中になってしまう。そもそもサンタクロースはひとの目に見えないものだし、それでサンタクロースがいないってことにもならない。ほんとのほんとうっていうのは、子どもにも大人にも、れの目にも見えないものなんだよ。・・・サンタクロースはいない?いいや、今このときも、これからもずっといる。ヴァージニア、何千年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはいつまでも、子どもたちの心をわくわくさせてくれると思うよ。」

全文の訳はこちらに:
http://www.alz.jp/221b/aozora/there_is_a_santa_claus.html